暁の空来

時間が許す限り楽しい事が書ければそれで良いかと?

全国やっちゃ場巡り デコトラ「アイリン丸」

全国やっちゃ場巡り デコトラ「アイリン丸」トップ固定

注意事項

※※当ブログは素人の創作ブログです。誤字、脱字や物語の展開に不備があるかもしれませんが、ご理解ください。※※

キャラクター
アイリン:ユカリンの姉 デコトラ転がす姫猫ドラ
ユカリン:アイリンの妹 デコトラ転がす姫猫ドラ 一級整備士資格

登場車両
アイリン丸:絢爛豪華な11トンの冷蔵デコトラ
ユカ丸  :絢爛豪華な11トンのデコトラウィング車

プロローグ
アイリンは暴走族「ニャ羽スター」の元レディースリーダーで、深紅のフェアレディ240ZGを乗り回して、仲間たちから憧れられるマドンナ的存在だった。しかし、父親猫が定年退職を迎えたことをきっかけに、アイリンは父親猫の後を継いで姫ドラに転身する決意を固めた。

アイリンの新しい相棒は、11トンの冷蔵デコトラ「アイリン丸」。このトラックは、アイリンが父親猫から受け継いだ大切な財産であり、新しい冒険の始まりを告げるシンボルでもあった。そして今、全国のやっちゃ場を巡る旅が始まるのだ。

アイリンはデコトラ「アイリン丸」を駆り、全国のやっちゃ場を巡る旅に出発することにした。彼女の目標は、各地のやっちゃ場で出会う人々との交流を深め、地域の活気を感じながら新たな発見をすること。この旅の中で、アイリンは自分自身の成長と、新たな仲間たちとの絆を築いていく。

アイリンは、夜明け前の静けさの中、アイリン丸のエンジンをかけた。彼女のデコトラは、キラキラと輝くデコレーションでいっぱいで、どの道を走っても目立つ存在だ。アイリン丸のボディには、山猫の迫力あるイラストが描かれ、その姿はまるで生きているかのようだった。

「今日は清水のやっちゃ場に向かうニャン。たくさんの新鮮な魚が待ってるニャンね。」アイリンはそう言いながら、目的地を確認した。

道中、彼女はさまざまな景色を楽しみながら走った。田んぼの中を走る道、山々に囲まれた道、そして海沿いの道。それぞれの風景が、アイリンの心を癒してくれた。

「次はどんな場所に行くのか楽しみニャン!北は北海道から南は沖縄諸島までニャン」アイリンは胸を躍らせながら、次の目的地を夢見た。

彼女の旅は、まだ始まったばかり。これからどんな出会いや出来事が待っているのか、アイリンは期待と不安を胸に、ハンドルを握り締めた。

アイリン丸は「走る御殿」と呼ばれるほどの豪華絢爛な内装を誇っていた。運転席に座ったアイリンは、まず天井の鏡張りに映る自分の姿を見て微笑んだ。

天井に取り付けられたLEDのシャンデリアがキラキラと輝き、車内を明るく照らしていた。ダッシュボードはメッキ仕様で、光が反射してまるで宝石のように輝いていた。

アイリンが座るシートにはベロアの生地に山猫の刺繍が施されており、座り心地は抜群だった。内張り全体は金華山張りで、高級感をさらに引き立てていた。足元には土禁となっており、高級な柔らかな絨毯カーペットが敷かれていた。

両側のドアにはスピーカーが埋め込まれ、アイリンが好きな音楽をいつでも楽しめるようになっていた。寝台部分は和風式の襖で仕切られており、畳式リクライニングベッドが設置されていた。

キャビン上部にも寝台兼居室が設けられており、アイリンは長旅の途中でも快適に休むことができた。さらに、アイリン丸には冷蔵庫、レンジ、テレビ、パソコン、Wi-Fi、ナビ、CB無線、ドラレコ(バックモニター・レーダー検知付き)など、最新の設備が完備されていた。

「これでどんなに長い旅でも快適に過ごせるニャン。」アイリンは満足そうに呟いた。
アイリン丸のエンジン音が、彼女の新たな旅の始まりを告げていた。

次回 第一話「父親猫が残したデコレーション」第二章 お楽しみに!!

第一話:父猫が残したデコレーション 第二章

第一話:父猫が残したデコレーション 第二章

第二章

東京の冷凍工場で荷卸しを終えて戻ると、アイリンは自分の職場「マメ吉急送運輸鮮魚部」へと向かった。千葉の田舎町に位置するこの運輸会社は、デコトラを20台所有する大きな会社だ。

マメ吉社長は自らも「疾風丸」というデコトラを運転する、情熱的で面倒見の良い人物だ。その面倒見が良い事が後々、会社に暗雲が圧し掛かって来る事は誰も予想だにしなかった。

「ただいまニャン!」アイリンは元気よく事務所の門をくぐった。マメ吉社長がすぐに駆け寄ってきた。

「おかえり、アイリンちゃん。市場はどうだったかい?」

「市場でちょっとした事故があったけど、みんなで協力して解決したニャン!」アイリンは嬉しそうに報告した。

「それは大変だったね。でも、アイリンちゃんがいるなら安心だニャン!」マメ吉社長は笑顔で答えた。

マメ吉社長はアイリンに労いの言葉をかけた。「今日はよく頑張ったニャン。明日も気をつけてな。」その言葉に、アイリンは元気を取り戻した。

アイリンの父親猫もかつてこの会社で働いていた。彼は長年娘猫の名前を付けた「アイリン丸」というデコトラを運転し、数々の実績を積み上げてきた。定年退職後、そのデコトラはアイリンに継がれ、彼女が新たなドライバーとなったのだ。

アイリン丸は11トンの保冷車デコトラ仕様で、電動ローラーが付いているため、荷物の積み降ろしが非常に楽だ。彼女はこのトラックに強い愛着を持ち、毎日のメンテナンスを欠かさない。

「今日は何の仕事があるニャン?」アイリンは社長に尋ねた。

「今日は新しい依頼が来てるよ。地元の漁協組合からだ。彼らが新鮮な魚を八戸市場に届けるための特別な配送が必要なんだ。」マメ吉社長は依頼書を手渡した。

「了解したニャン!すぐに準備に取り掛かるニャン!」アイリンは意気込んで整備工場で次の準備を始めた。

整備工場内には他のドライバーたちもいて、皆が忙しそうに働いていた。マメ吉急送運輸鮮魚部は、関東トラック連合「十匹会」に所属しており、全国のデコトラ仲間と連携している。連合内での評判も高く、頼りにされている存在だ。

アイリンは自分の作業台に向かい、アイリン丸の点検を始めた。タイヤの空気圧、エンジンオイル、冷却システムなど、一つ一つ丁寧に確認していく。

「アイリン、これ見てニャン!」隣の作業台にいる同僚が、新しいデコレーションパーツ〖星形ネオマーカー〗を見せてくれた。

「わぁ、素敵なデザインニャン!これ、どこで手に入れたの?」アイリンは興味津々で尋ねた。

「最近入荷したばかりだよ。君のトラックにも似合いそうだね。」

「そうかニャン、ありがとう!後で試してみるニャン!」アイリンは微笑み、再び作業に取り掛かった。

その時、マメ吉社長が再び現れた。「アイリンちゃん、少し話があるんだが、いいかい?」

「もちろんニャン。」アイリンは作業を中断し、社長の方を向いた。

「実は、倉庫を片付けていたらアイリンのお父さん猫が、昔使っていた古いデコレーションパーツが見つかったんだ。もし興味があるなら、これを使ってアイリン丸をさらに素敵にすることができると思ってね。」社長は古いデコレーションパーツを手渡した。

「これは…!お父さん猫が大切にしていたものニャン!ありがとうございます、社長!」アイリンは感激し、お父さん猫の思い出が蘇った。

「君なら、きっと素晴らしいデザインに仕上げてくれると信じてるよ。頑張ってね。」

「はいニャン!絶対に素敵に仕上げるニャン!」アイリンは決意を新たにし、お父さん猫の思い出を大切にしながら、新しいデザインを考え始めた。

次回 第三章 お楽しみに!!